北國銀行武蔵ヶ辻支店3階のギャラリー

ヨコハマトリエンナーレ2011特別連携プログラム「新・港村」 金沢アートグミ参加企画




ヨコハマトリエンナーレ2011特別連携プログラム「新・港村」
金沢アートグミ参加企画

絵付けした郷土玩具“加賀八幡起上り”にのせて、

金沢のアーティスト・アートスペースを紹介します。

2011年8月6日(土)ー11月6日(日)
会場:新港ピア(横浜市中区新港2-5)
協賛 アイ・オー・データ機器


 

《参加作家・アートスペース》 計 30の参加者!

石森良隆、伊藤幸久、井上大輔、100(いまるまる)、植埜貴子、大洞智之、丘の上キャット、小島ゆかり、ガレリアポンテ 、菊谷達史、久恵真由美、ギャラリートネリコ、コフネコトモ子、斎藤啓司、谷村祐美、谷澤まどか、玉置久実、積木裕花、戸出雅彦、任田教英、長原めぐみ、なかむらくるみ、野澤琴美、土方大、藤野征一郎、堀至以、宮嶋千恵、宮田義廣、山下和子、ワタナベサトミ

チラシダウンロードはこちら(PDF|521MB)

 
新・港村はあらゆる国と種類のクリエイターが働く蜃気楼のような小さな未来都市です。
村の家や図書館や劇場は、建築家やアーティストによってデザインされますが、主に廃材や粗大ゴミ等で構成されます。新しい材料を使用した場合は、再利用します。そして外部からほとんど電気をいただきません。太陽光発電と充電システム、また楽しみながらの人力発電でなんとかやっていきます。夜はLEDや行灯が灯ります。新・港村は、東北と横浜の間を人や物資や知恵や力を積んで、何度も往来するためのプラットフォームです。毎週でるバスが、東北人と新・港人をつなぎ、未来都市へと出航します。
http://shinminatomura.com/
会期:2011年8月6日(土)ー11月6日(日)
休館日:8月と9月の木曜日+10/13(木)+10/27(木)
時間:11:30-19:00(金曜の夜は21時まで)
会場:新港ピア(横浜市中区新港2-5)
主催:BankART1929
共催:横浜市文化観光局

入場料:
[特別連携セット券](ヨコハマトリエンナーレ2011+黄金町バザール2011+BankARTLifeⅢ)
前売券:一般1,400円 / 大学生・専門学校生 900円 / 高校生400円
当日券:一般1,800円 / 大学生・専門学校生1,200円 / 高校生700円
[BankART LifeⅢのチケット(新・港村パスポート)料金]
一般当日 300円 / 大学生当日 250円 / 高校生当日 200円
中学生以下、障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
[新・港村パスポート]
特別連携セット券で入館された方にも、展覧会の概要や期間中のイベントが掲載されている「新・港村パスポート」を発行します。
会期中何度でも入場可能です。但し、内部で行なわれている催しの一部(例えば演劇公演)は、その催しごとに有料になる場合があります。

[アクセス]
横浜みなとみらい線「馬車道駅」6番出口[赤れんが倉庫口]徒歩15分
[会場間無料バス]
横浜美術館→NYK→新港ピア 約10分毎


Comments are closed.

4.9.7